トワル縫い


シーチングトワルをミシン縫いして組み立てる時は(1)のように片側の縫い代を折って、

重ねてたたき付けて組み立てると良いと思います。

(袖下は厳しいので中縫いします)

修正の時(2)のようにカッターを使うと楽に解けます

 

印を付けてトワル縫いして下さい。

(3)のように印を付けずに縫い代の端を揃えてトワル縫いすると、縫い代通りにぴったり縫えていれば良いですが、縫いずれていた場合にパターン修正の時の基準位置がずれてしまっているので、あまり良い事ではないと思います。多少縫いずれていてもシーチングに印が入っている方がパターン修正の時、分かりやすいはずです。

 

製品の縫製は印なしですが...

パターン作製のためのトワルには印を付けて精度の高いものを目指して下さい。