出来上がりパターン(ピンタック)


ピンタックは本数が多いほど縫い上がった時に

上がり寸法の誤差も大きくなりがちです。

基本的に小さくなると考えて良いと思います。

誤差を調整して本来のパーツ上がり寸法

(出来上がりパターン)にしてから

縫製に進んでもらいましょう。

 

タック展開パターン(荒裁ちパターン)

の縫い代は...

本来の縫い代+1.0~1.5cmを目安にすると良いと思います。

タックの進行方向、本数、幅、ピッチ、等の条件を、考慮して荒裁ちパターンの縫い代を決めてみて下さい。

用尺を出す時は、もちろん荒裁ちパターンで

型入れをします。(気をつけて下さい)