割りアイロン


トワルを縫ったり、展示会前のサンプルの微修正など

縫製の仕事も結構あると思います。

仕上げプレスも大事ですが、中間プレスも仕上がりの

良し悪しにかかわってきます。

「割りアイロン」単純な事ですがピシッ!とかかっているかどうかで、随分と仕上がりも変わってきます。

 

縫い代を割らずに地縫いの状態で一度アイロンをかけてきれいにしてから割りアイロンをかけると縫い目の所でピタッ!と縫い代が二つ折りになります。

 

割りアイロンにかかわらず、丁寧にプレスをかけると

見栄えも変わります。特にアームホールなどはかけずらいですね、身頃のように広い面積を一気にかけるようには、いきません。袖馬などを使って短い距離を少しずつ

かけると良いと思います。

プレスも課題の多い作業です。