説明図


パターンに縫製指示を記入していると思いますが

仕様が複雑になってくると、パターンや指示書のコメントだけでは伝わらない事があるはずです。

仕様が複雑な場合は別紙で説明図を付けてあげると良いと思います。

説明図を書くと、自分でも明確でなかった点が、はっきりとしてきて把握しやすくなります。

仕様を決めて、きちんと説明できる」

これもパタンナーとしての大事な任務です。

 

「言いましたけど...」「書いてましたけど...」は

通用しません。

相手に伝わっていない時は、自分の説明不足を省みて「手間をかける事」を心がけましょう。