部分縫い


説明図(絵)でも伝えづらい場合は部分縫いを作ってパターンと一緒に工場へ出してあげると良いと思います。

「部分縫い」は、ちゃんと出来ていれば確実に、と言って良いほど仕様が伝わります。縫ってみて物理的に無理だという事が分かったり気が付く事も大変、多いです。

縫製の方に苦労させている自分の反省もできます。