面積のシェア


パターンの「作製」「展開」「修正」などで

「重なり」が出来てしまう事があります。

(右図参照)

この場合「A」を優先させて「B」は、

カットした後に「不足分を足す」方法を、

とっています。


別の方法として・・・(右図参照)

「赤い矢印」のように重なってる部分を

「行き来しながらカットする」方法です。

ただし・・・

この場合「重なり」を作っている「線」が

「直線」であると言う事が条件になってきます。


「切り離し」ができたら「合い印」から裾までを

「直線」で結びます。

「B」中心側の裾ライン(破線)は、

中心パーツの裾ラインと繋がりよく引きます。

「トレース」「トワルの裁断」

そんな時に「一手間」省けて便利です。