パンツ股ぐり「1」

ゆったりと穿ける「ワイドパンツ」・・・でも

なぜか「股ぐり」だけ食い込んで・・・「キツイィ~!!」(苦笑)

そんな事ナイデスカ??

 

「股ぐりが食い込んでキツイ」

こんな時、パターンのアウトラインを気にするのは、ちょいと違ってたり、

スルンデスヨォ・・・(苦笑)


前後のパターンを「股下で突き合せ」になるように並べます。

その時に出来た「空間」。ココに体が入ります。

なので・・・股ぐりがきつい時は、

このスペースが少し狭いのかも知れません。

「前後中心線の倒しをキツクする」

「股下で、わたりを追加する」・・・などなど

このスペースが広くなるような修正を入れると良いと思いますよ。(笑)


ただし、一つだけ「ご注意」デス!

レディースの場合・・・

前中心の倒しをキツクすると、その分「前股ぐりの長さ」が長くなります。

前の股ぐりが長めだと、パンツを穿いた時に前中心で、

あまってしまう事があります。

縦に「あまりシワ」が出て、あまり美しくないので・・・ヨロシクナイ。

パンツは「2P」で構成されていて、接ぎも少ないため、

操作を加えられる所が限られてきます。

「股ぐり」は、体に密着していてオマケに線はカーブしています。

 

「体が入るスペースの確保」「体に添ったカーブ」・・・と、

これらの課題を「限られた操作」で対処しないといけないので、

やはりパンツは難しいデスネ!(苦笑)

気分がブルーにも・・・ナルハズゥ~ッ!(笑)