変化させたい所に「操作」

・・・時々言われる、こんなコトバ。

「ココを、こーしたら、コッチ側も、そーなるデショ!?」

イヤイヤイヤ・・・だぁ~かぁ~らぁ~~~っ(苦笑)

・・・そして何度となく言っているこの言葉。

「変えたい所に操作を加えないと、そーは、ナ・ラ・ナ・イィ~」

(クッ・・・)

「操作を加えた所が変化する」言い方を変えれば

「変化させたい所に操作を加える」・・・て、私は思っています。

修正の時はもちろん、デザイン変更で「デザイン」を乗せる時も

同じ事が言えると思います。

図のように・・・ヨーク切り替え下に「ギャザー」を入れたい時。

裾ま平行に切り開けば裾まで開いた分、フワッ!と広がりますが・・・。

切り替え位置のみでギャザー分量を追加して、裾の開き分0cmだと、

横から見た時に裾つぼまりなラインになってしまいます。

目指すスタイルが、こんな感じなら良いですが・・・

この方法は少し「見た目のバランス」に注意した方が良いですね。


「操作を加えた所が変化する」

「変化させたい所に操作を加える」

二兎を追う者は一兎をも得ず・・・デスカネ。(笑)

「修正」「デザイン変更」の時は、そんな気持ちでいた方が良さそうデスヨ。