~最近のオハナシ~

パンツ股ぐり「2」

「股ぐり」・・・コレもなんともまぁ~ヤッカイ。(苦笑)

「パンツトワル」を穿いてもらう人の、

おしりが「出ている」「出ていない」・・・で、

修正箇所が増えたり減ったりぃ~。(ハハッ・・・汗)

続きを読む

パンツ股ぐり「1」

ゆったりと穿ける「ワイドパンツ」・・・でも

なぜか「股ぐり」だけ食い込んで・・・「キツイィ~!!」(苦笑)

そんな事ナイデスカ??

 

「股ぐりが食い込んでキツイ」

こんな時、パターンのアウトラインを気にするのは、ちょいと違ってたり、

スルンデスヨォ・・・(苦笑)

前後のパターンを「股下で突き合せ」になるように並べます。

その時に出来た「空間」。ココに体が入ります。

なので・・・股ぐりがきつい時は、

このスペースが少し狭いのかも知れません。

「前後中心線の倒しをキツクする」

「股下で、わたりを追加する」・・・などなど

このスペースが広くなるような修正を入れると良いと思いますよ。(笑)

続きを読む

参考資料「衿の返り線」説明

参考資料にと買ったパターンの本。

こんな事が書かれていました。

内容をみて・・・ビックリ!!

皆さん、難しい事を勉強しているんですね!?(苦笑)

私の方から少し、追加説明させていただきますね。(笑)

 

本に書いていた事は・・・こんな内容でした。

シャツの返り線を・・・

「A」のようにカーブを付ける場合

「B」のようにまっすぐにする場合

・・・の、衿付け線の書き方の違いデス。

続きを読む

大きく開いた衿ぐりに展開

「このブラウス、可愛くデキタ!!」

「今度は雰囲気を変えて、衿なしでグッと衿ぐりを大きくぅ~!」(笑)

上手にできたモノは色々とバリエーションを利かせたくなるモノ!

・・・デスヨネ!(笑)

続きを読む

袖口のあき

「ブルゾン」など・・・

切り替えを折り伏せにして途中から「あき」にする。

袖口などで、よくあるパターンです。

しかし、こんな時にやっかいなのが縫い代の始末・・・(苦笑)

続きを読む