台衿下の「たるみ」

「台衿付シャツカラー」

台衿の下が、ボコボコ・・・と、なる時ないですか?

・・・で、「その、たるみ取ってぇ」て、言われますがぁ~。(苦笑)

 

「台衿の付け線」と「前衿ぐりのカーブ」が、

合っていないのかも!?シレマセン。

 

修正の方法としては・・・

余分をピンでたたんで、たたんだ分を前衿ぐりでカットします。

そして確認・・・デス。

 

台衿は巾が狭いわりには、縫い代などで生地の重なりも多いです。

結果、固くて強いパーツになってしまいます。

同じパターンを使っても、相手となる身頃側の仕様が

「見返し始末」「前立て」「裁ち出し見返し」などなど・・・

台衿を支える強さの違いで「たるみ方」も変わってくると思います。

「たたんだ分を前衿ぐりでカット」

仕様の違いで、たたむ分量も変わるかも知れませんね。(笑)