「台衿」と「上衿」

「台衿付きシャツカラー」

台衿と上衿を重ねると・・・

左上のように、上衿の付け線がせり上がります。

せり上がり方・・・

高いと「あまい」、低いと「辛い」なんてイイマス。

ではでは、ナゼ?こんな形状になるのかぁ?

必殺!開き直りぃ~!!!(笑)

まるっきり同じカーブならドウナンノ??・・・デス!

同じカーブにすると、後ろ衿ぐりは差ほど変わりませんが・・・

前衿ぐりは、上衿端の長さが短い為に、つっかえて

衿ぐりラインから近い所で立ち上がったように、なるはずです。

例えて言うなら・・・

ニットのハイネックを二つ折りにした状態(?)まぁたぶん、そんな感じです。


目指す上衿端の「着地地点の長さ」と「上衿端の長さ」の差を

衿端で数箇所、切り開きます。

・・・ハイ!!せり上がりマシタ!!(笑)

衿付け線が・・・あまい、と「やわらかい」

辛い、と「シャープ」・・・になりますね!(笑)