着地させたい・・・衿端

袖とアームホール」は「ビンとビンのふたのようなモノ」

・・・では、衿と衿ぐりはナンデスカネ?(笑)

衿は袖と比べて動きが少ないので「機能性」は、

あまり問われませんが、目立つ所にいらっしゃるので・・・

カッコ良く!見せたいですね!


「衿端の長さ」これがとても大切デス!

「見せたい衿腰の高さ」と「衿端の長さ」が合っていないと

衿が落ち着きません。

衿端が浮いているのは良くないです。

 

図のような台衿付きだと、衿腰の高さは決まっているので・・・

「台衿の高さ」と「衿端の長さ」が合っていないと、

衿端が浮いたり、突っ張ったりします。

 

これが「一枚衿」だと「衿端の長さと合った所」に着地するので

衿腰の高さが高くなったり低くなったりします。

「衿を目指すデザインにする」

一枚衿の方が難しい・・・かな??(苦笑)