ミシンにやさしい袖下カーブ

シャツの縫い方・・・

「脇から袖下まで一気に縫う」 そんな方法で縫う時もありますね。(笑)

折り伏せにしてステッチをかける・・・よくあるパターン。

今日のお話は工場さんから「ご指摘」をいただいた事です。

・・・ありがとうございます。

この方法で縫う時は・・・「袖」「身頃」それぞれに、

袖下の部分にマチ分(に、なりますね)を追加します。

こうする事で袖山とアームホールを接いだ時に

脇と袖下が「繋がりの良いなだらかなカーブ」で結ばれます。

特に「折り伏せ縫い」の時は巻きやすいそうですよ。

袖下で追加した「1.5cm」は

着た時の「大きい、小さい」には、差ほど影響はないと思います。

何を目指しての「マチ分追加」なのかを把握してパターン調整してみて下さい。