「左右対称のトワル」「左右非対称の体」

トワルチェックや修正で・・・こんな言葉を聞いたりしませんか???

「右は良いんだけど・・・左は何で、そんな風になっているの?」

左右で見え方が違っていたり・・・

着ている人の着心地が違っていたり・・・。

縫い方向で少し、仕上がり具合いが違ってくる事も多少あります。

でも左右の違いは、それだけではありません・・・実は。

「プロ」として、トワルチェックや修正をしているのであれば

「トワル」も「サンプル」も左右対称に裁断され縫製もされているはずす

・・・きっと。

 

では何故、左右で違ってしまったのか?

それは生活習慣によって

「着ている人の体が歪んでいる」事があるからです。

顔を体も反転させたように左右対称とはいきませんね。

バッグを肩に掛ける時はいつも「右」・・・とか、

座って足を組む癖があり、左足の上にいつも右足・・・など。

人それぞれ「癖」があります。

多少の左右の「差」なら、さほど気になりませんが

たまに「あっ!違う!!」・・・気付く時があります。

 

昔、パンツの修正をしていて・・・

後のポケットの高さが違って見えた時は、

少しオドロキマシタァ~。(汗)

図のように・・・

「左肩は少しきつくて肩先に当たる」

「右肩は少しあまり気味」・・・そんな時は

会社のサイズ感として「どちらを基準にするか」を、

話し合って決めてから修正を進行させて下さいね。